笹塚のランドマーク、メルクマール京王笹塚レジデンスの魅力について

メルクマールとはドイツ語を語源とする言葉で、指標や目印と言った意味を持ちます。学術用語やビジネス用として用いられることのある言葉ですが、マンションの名前としては珍しいかもしれません。しかしその言葉をあえて使うだけの特徴を備えているのが、このメルクマール京王笹塚レジデンスと言えます。

物件概要

メルクマール京王笹塚レジデンスは2015年3月に竣工した地上20階地下2階の大型タワーマンションで、総戸数は236戸になります。

京王線笹塚駅徒歩1分で笹塚駅と直結しています。この物件の特徴は駅直結で徒歩1分という立地もさることながら、 駅から近いというだけではなく、渋谷区の「笹塚駅南口地区計画」という再開発事業の拠点として作られたことです。そのため、この建物に入っているのはマンションだけではなく、1階から3階にはフレンテ笹塚という商業エリアが入っており、4階には渋谷区立笹塚図書館と地域の人も利用できる屋上庭園があり、マンションは10階から21階になります。

特徴

笹塚の新名所

建物自体が笹塚のランドマークとして建設されたものであり、商業施設や図書館など地域の核となるような施設が同じ建物に入っています。建物そのものも笹塚駅から直結であり、 笹塚の中心に住むという感覚を味わうことができます。

立地がよくアクセスが良い

京王線笹塚駅は、新宿駅から一駅という近さにあります。その笹塚駅と直結した徒歩1分という立地であるため、新宿の特定の場所からのドア・ツー・ドアの時間距離は、新宿内の移動よりも近いかもしれません。
直線距離で言うと新宿から5 km ほどであり渋谷からも同程度の距離になります。そのため自転車や徒歩での通勤も十分に現実的な距離であると言えるでしょう。
新宿も渋谷も駅が大きく町も大きいために、場所によっては、この物件が駅から徒歩1分でありながらも、歩いた方が早く到着するということは十分にあり得ます。

ひとクラス上の「生活の利便性」

生活の利便性をアピールポイントにするタワーマンションは数多くありますが、メルクマール京王笹塚レジデンスでの生活の利便性は、他の物件から一線を画しているといえます。
なぜかと言うとそれは笹塚という場所の持つ利便性と、物件そのものの立地の二つに由来しているからです。
笹塚という場所の利便性を述べると、先に述べた通り、新宿からの距離が近く、たった一駅であるということもありますが、笹塚という街そのものの生活の利便性の高さも大きいです。オフィスの立地ならともかく、実際に生活する場所として見てみると、スーパーや商店街や学校や病院などの生活者としての施設がないと住みにくいものなのですが、笹塚は住宅地の雰囲気をまだ強く残しています。
メルクマール京王笹塚レジデンスは笹塚観音通り商店街に面しており、また玉川上水緑道やライフ笹塚店や、小学校や中学校や数多くのクリニックが近所に存在しています。笹塚の住宅地としての発展は京王線の開通とともに駅を中心に広がっていったものなので、駅から徒歩1分で駅に直結しているということは、これらの笹塚の施設を利用しやすいということでもあります。
通勤などの都市生活では、新宿まで一駅、または渋谷まで徒歩圏内という恵まれた立地を活用し、生活者としては笹塚での生活のしやすさを享受する。そのような「いいとこどり」ができるのが、この物件の特徴であると言えます。

眺めがよく防災性が高い

メルクマール京王笹塚レジデンスの周辺には高い建物がなく、とても良い眺望がどの部屋からも期待できます。10階には居住者専用の共用ラウンジ屋上庭園もあり、ここからの眺望も期待できます。地区再開発案件として建てられたこともあり、防災性には配慮が加えられており、台風などの強風や大きな地震に耐えるための耐震装置が採用されています。また住居フロアの共用部には非常用照明が完備されており、受水槽には3日分の水も確保されています。
このように「基礎体力」の恵まれた物件がメルクマール京王笹塚レジデンスであると言えます。

メリット

この物件のメリットは総合得点が高いことです。
人々がタワーマンションに求めるものは、立地の利便性や、内外装や設備の充実といったことです。それは一般のマンションや一戸建てにおいても同じですが、それらよりも一回り上のクオリティというのが、タワーマンションに人々が求めていることでしょう。決して高層であることだけを求めているわけではないはずです。
メルクマール京王笹塚レジデンスは、人々がタワーマンションに求める価値観の全てにおいて、必要十分のクオリティを達成しています。この物件には妥協ポイントが特にありません。
笹塚という場所も、これ以上ないほど便利な場所であり、かつ都心部としては生活のしやすい町です。その笹塚駅に直結した徒歩1分という立地にあり、同じ建物の中に図書館があるなど、建物自体がランドマークとしての性質を備えています。そして「人々がタワーマンションに求めるものは高層だけではない」とは言ったものの、実際にはこの物件は眺めもよく、それを生かした作りになっています。全てにおいて高得点なのがこのメルクマール京王笹塚レジデンスであると言えます。

不動産的価値

不動産の価値は広域立地と狭域立地で9割を占めるといわれます。不動産として評価されるのはあくまで土地であり、その上に建っているものはほとんど価値を認められません。木造一戸建て住宅では20年で価値がなくなると言われます。
この評価は昔から言われていることですが、昔ながらの郊外住宅から通勤するサラリーマンのマイホームの不動産価値という側面が多く、最近のタワーマンションにも当てはまるかどうかにはやや疑問が残ります。しかし不動産の価値を見る時には立地が重要だということには、まだ意味があるでしょう。
それでいうと、メルクマール京王笹塚レジデンスは広域立地と狭域立地の両方において、非常に高い価値を持つといえます。

広域立地とは都心からどれだけ離れているかということと、交通網の形のことを言います。狭域立地とは駅からどれだけ離れているかということを意味しています。笹塚は新宿駅から京王線で一駅のところにあり広域立地は抜群であると言えます。狭域立地としては、駅直結で徒歩1分であり、エリア内で最強と言えるでしょう。
しかし広域立地と狭域立地は時代の変化によって変わっていくものでもあります。新宿駅から一駅という条件は、将来的に京王線の停車パターンの変化によって変わる可能性がありますし、交通形状の変化によって笹塚よりも魅力的な立地を持つ場所が出てくることも考えられます。新宿に限らず、東京のターミナル駅の近くには、そこからたった一駅であるにも関わらず、何らかの理由によりうらびれた雰囲気を持った街というのがあるので、笹塚がそのようになる可能性も将来的にはありえます。これは狭域立地についても同じで、駅のすぐそばにあるということが、常にメリットを持つとも限らないかもしれません。
1913年に京王電気軌道線の開通によって笹塚駅ができ、それ以降、都心へ通勤する郊外として発展をしてきました。現在では東京そのものが大きくなったことにより、笹塚に郊外の町というイメージはありませんが、街の本質的な作りは郊外の町です。それが笹塚の生活者としての利便性を支えているのですが、今後の人口動態や土地利用の変化によってこの前提が変わる可能性があります。そうなった時に今とは立地の持つメリットが変わってくるかもしれません。
もっともこれはあくまで可能性の話であり、現時点においてはそれほど気にすることはないことかもしれません。